読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味に音楽生活。

日頃聴いている音楽の感想をアップします。90〜10年代のインディーロックが多め。

超エモーショナル!The Hotelier 「Goodness」

f:id:yomako2662okamoy:20161209004053j:image 

このサウンドはなんと例えよう。The Posiesがブッチャーズの曲を歌っているかのような激エモーショナルな一枚。

  

 

程よく疾走感があって急にふと思い出したかのように(村上春樹風に言ってみた)切ないメロディーが入ってくる展開、嫌いじゃないよ。馬鹿正直に正統派なバンドなのにここまで揺さぶるとは。最近出たAmerican Footballの新譜にがっかりしていた僕の心はこれにて成仏いたしました。

  

 

"Goodness, pt.2"はシンプルなドラムとボーカルのみの序盤から少しずつギター・ベースが立ち上がってくるところでゾクゾクします。

そこから"Piano Player"の疾走するパンクナンバーへ。こういうキャッチャーな曲でもポップすぎないのがいいですね。

"Two Deliverances"はメロディーがまさにThe Posiesなんですよね。叫び散らした次の瞬間に落ち着いたメロディーを聴かせるところの緩急がいいです。

そして僕が一番痺れたのは"Sun"です。この曲は近年稀に見る悶絶級の展開を見せてくれます。前半はゆったりとしたミドルナンバーなんですが所々に切ないメロディーが入ってきて、ちょうど中盤あたりから一気に冷んやりした空気に変わってくんですよね。あれっ?って思っていたらラスト1分はエモーショナルに爆発しまくる。この曲はマジでやばいと思います。僕の中では+/−の"Ignoring All The Detours"に匹敵する大名曲です。

今時ここまでストレートなエモバンドも珍しいです。ジャケに目がいってしまいますがそれに全く負けてないというか、全部さらけ出したこのアートワークはかなりイケてるんじゃないかと思うんです。

 

これもっと若いときに聴いてたらWeezerのピンカートンと同じくらいのマスターピースになってたに違いありません。大学生とかはマジで聴いた方がいいよ。