地味に音楽生活。

日頃聴いている音楽の感想をアップします。90〜10年代のインディーロックが多め。

最近のお気に入り

f:id:yomako2662okamoy:20161118013141j:plain

Jamie XX「In Color」

The XXの頭脳であるJamie XXによる去年発売の1stアルバム。程よくソリッドなサウンドと、うまく言えませんが食品サンプル的な人工物っぽい美しさが魅力。Romyとのコラボ曲はさすが相性がいいです。

f:id:yomako2662okamoy:20161118013712j:plain

Robert Glasper Experiment「Art Science」

今回はコラボなしで純粋にバンドだけで作り上げたアルバムです。全体的に統一されたメロウなソウルミュージック。演奏上手いのにそれをひけらかさないさらっとした演奏がオトナな雰囲気でグッド。アルバムで一番長尺なトラック"No One Like You"は寒い季節にぴったりな名曲。"Day To Day"は個人的にレッチリの"Go Robot"と合わせて聴いてほしいディスコナンバーです。フジロックでもとても素晴らしいライブを見せてもらいました。12月にもトリオ編成で来日するみたいなんですがたぶん行けないかな〜。

f:id:yomako2662okamoy:20161118013726j:plain

A Tribe Called Quest「We Got It From Here, Thank You 4 Your Service 」

Tribe In The House!!ヒップホップファンの友人がべた褒めしてたので聴いてみましたが、たしかに凄いです。ファイフのバースは涙無しには聴けないのですが、ラストアルバムということを抜きにしても単純にヒップホップのアルバムとしてめちゃくちゃかっこいいです。サンプリングと生音を駆使した技巧派なトラックにファイフとQティップのスキル高すぎなラップが乗っかる最高に痺れるアルバムなんです。

f:id:yomako2662okamoy:20161118013811j:plain

Nine Days Wonder「The Scenery Is In Disguise There」

日本のポストハードコアバンド。これは100%僕の趣味で聴いてます笑。2001年発売なので15年前の作品。Drive Like Jehuとか日本ではCowpersに近い系統のいわゆる激情系ですが、イントネーションが完全に素人な英語歌詞が逆にエモーショナルでゴリゴリしてないところがいいです。ドラムの人が現Mouse On The keysで活躍してることで少しは知名度がありますね。ついこないだ再結成ライブをやったとのことでなんとなく聴いてますが、Bastroと対バンできるくらい演奏うまくて、特にドラムが乱打してる風なんですが、実は手堅く決めてるところは凄いと思います。たまにこういうの聴くとなんだかスカッとします。