地味に音楽生活。

日頃聴いている音楽の感想をアップします。90〜10年代のインディーロックが多め。

ポストハードコア名盤

前回の更新から4ヶ月も空いてしまいました。というのもID忘れてログインできない状況が続いていまして、ついさっき寝てる時に突然思い出したのでなんとか戻ってこれました。

 

学生の頃よくポストハードコア系のバンドをよく聴いていて、最近また聴きまくってます。当時はFUGAZIとかShellacが大好きで、その周辺のアーティストを聴き漁る日々だったのですが、ヒップホップやR&Bに脳を侵食された今聴いてみてもばりかっこいいと感じるので、僕の中にはまだハードコアの血が流れているなと実感しました。

 

ネットで検索すると結構そういう人が多いみたいなので、自分も当時好きだった曲や今の好みに合うバンドを紹介していこうと思います。

 

 

Bitch Magne/Ben Hur

f:id:yomako2662okamoy:20171012014407j:image

一発目でパッと思い浮かんだのがこのバンド。前作Unberはアルビニ録音で有名のようです。メンバーはのちにSeamというバンド(SuperchunkMacが1stアルバムでドラムやってます)を結成するSooyoung Park、Don Caballeroのライブメンバーでギターを務めたJon Fine、さらに後期はBastroのDavid Grubbsなんかがいて、今から考えるとかなり豪華なメンツ。ちなみに僕はSeamが大好きで、3rdアルバムは死ぬほど聴きました。BastroやRodanと比べてほんのりマスロック感があるのが特徴。しかしガチガチに難しい感じはなく、ハードコアパンクのドライな空気感がしっかりあって好みです。1曲目のDragoonは名曲!

 

 

Bellini/Snowing Sun

f:id:yomako2662okamoy:20171012014421j:image

これも1曲目が必殺!オープニングが最高すぎ!アゴスティーノはカミソリギターなる造語ができるくらい個性的なサウンドを鳴らすことで有名です。さらにこの1stアルバムだけデーモン・チェがドラム叩いています。もともとアクが強いですがこのアルバムはさらに先の読めない嵐のようなジャムセッションが楽しめる内容となっているので挙げさせてもらいました。さらにアルビニの録音が最も効果的に使われている作品の一つだと思います。かっこよさでいうと3rdアルバムのインスト曲"The Man Who Lost His Wings"も捨てがたいところですが、ドロドロした世界観とロック的な爆発力を封じ込めたこのアルバムが1番好きです。前に一度来日公演もやっていて日本でもある程度の知名度はあるようです。

 

 

Mclusky/Mclusky Do Dallas

 f:id:yomako2662okamoy:20171012014427j:image

これは00年代で比較的新しめの作品ですが、コテコテのハードコアを少しマイルドにしたような音楽性で90年代にはない軽さがあります。ちょっと狂気じみたおふざけ感はあるもののメロディーはかなりキャッチーで普通にかっこいいです。世界観だけが先行して同じような曲ばかりつくるバンドが多いので、しっかりしたメロディーメイカーがいるバンドはけっこう貴重だと思います。各ポジションの音がソリッドで、音数少ないわりに輪郭がはっきりしていて聴き飽きません。特にずっしりと響くベースがこのバンドの肝ですね。後ほどご紹介しますがメンバーはのちにFuture Of The Leftというバンドを結成します。こちらは分かりやすくポップにシフトしていて聴き比べるとおもしろいので興味がある方はぜひ調べてみてください。

 

日曜日

ようやくの休日。今週は忙しかったなぁ。

 

今日は昼間からサウナ行ってビール飲んで音楽聴いてます。最高。

 

今週のお気に入り↓

Thurston Moore"Rock N Roll Consciousness"

f:id:yomako2662okamoy:20170611142849j:image

前作もよかったけど今回も大傑作です。

サーストン節炸裂してます。以上。

 

Seam"Are You Driving Me Crazy?"

f:id:yomako2662okamoy:20170611143505j:image

これは個人的なオールタイムベストの大好きな一枚。久々に聴いたけどなんど聴いても変わらないです。USインディーの精神を体現しています。

 

Suchmos"THE KIDS"

f:id:yomako2662okamoy:20170611144910j:image

STAY TUNEで一躍有名になりましたねね。洒落たロックが今風で好きです。

 

 

グリーンルームフェスティバル。

 f:id:yomako2662okamoy:20170521141753j:image

ここ最近天気が不安定だったので心配していましたが、当日は真夏のような暑い1日。

去年のフジロックに行ったのとほぼ同じ服装で出陣します。

といってもラインナップ的にかなりリラックスできそうな感じなので気持ちはだいぶユルいです。

とりあえずGotchとTortoiseと、なにより昼間からお酒をたくさん飲むことが第一の目的です笑

 

Tortoiseを観にGreenroom Festivelに行きます。

f:id:yomako2662okamoy:20170509143645j:image

 今年はサマソニもフジも仕事が休みの日曜日のラインナップが微妙なので行こうか悩んでます。

横浜の赤レンガ倉庫でやるグリーンルームフェスティバルは日曜日のヘッドライナーが大好きなTortoiseということで観に行こうと思っています。

学生の頃にジョン・マッケンタイア狂だった時期がありましてBastroからSea and Cakeまで聴きまくってました。最近出たTortoiseの新譜はチェックしていなかったので過去の作品と一緒に聴き込んでみようと思います。

 

お気に入りの曲

 

 

↓これはデヴィッド・グラブスとやってたハードコアバンドです。燃えます。

 

ゴールデンウィークの振替休日で今日から2日間休みなので聴きまくります!

 

休日の朝。

 f:id:yomako2662okamoy:20170423105610j:image

Thom YorkeのTomorrow's Modern Boxesを聴きながら今日の予定を考える。

洗濯物干してちょっと掃除してジムに行こうかな。

昨日の雨から天気がガラッと変わり、晴天なのでどこかに行きたい気分。

しかし、この音楽を聴いているとダラダラして1日が終わってしまいそうな脱力感。

お久しぶりです。

えーとだいぶ長い間ブログ放置してました。僕のブログなんか読む人は少ないでしょうが、それでも読んでくれている人には申し訳ありませんでした。

気をとりなおして最近のお気に入りをご紹介します。

 f:id:yomako2662okamoy:20170321224645j:plain

Cloud Nothings"Life without Sound"

前作のポストハードコアなアプローチから一変して、わりとリラックスして聴ける抜けのいい曲が多いです。Wavvesとのコラボの影響なのか"Modern Soul"なんかはサーフっぽいです。とはいえ、このバンドはとにかくギターノイズが半端じゃなくて、今回もかなり分厚いノイズが乗っかってて普通にかっちょいいです。

"Things Are Right With You"とかライブで盛り上がりそうなパンクな曲が好きです。"Darkened Rings"は最初インストかなって思ってたら、途中で曲調が変わったり、また戻ったりする実験的な曲。

ちなみに4月11日の来日公演には仕事休んで行ってきます。こういう系のライブに行きたくなるってことは、自分はまだロック好きなんだなと再確認しました。

f:id:yomako2662okamoy:20170321224701j:plain

The XX"I See You"

このアルバムで一気に化けましたね。ど頭から「今までとは一味違うぜ!」と言わんばかりの気合の入ったトラックが叩き込まれます。

もともとJamieのアルバムが好きだったので、今回の方向転換はかなり好印象です。

全英でも1位取ったしフジロックにくるし、今年の上半期はこのバンドが中心の予感。

f:id:yomako2662okamoy:20170321224715j:plain

Josef  Leimberg"Astral Progressions"

これは近年でどんどん注目されているケンドリック・ラマー周辺のL.Aジャズ系の人のファーストアルバム。ラマー周辺といえば今年はThundercatも新譜出しましたね。ラマーのアルバムでは主にトランペットを担当していたみたいですが、このアルバムではトラックメイカーとしての手腕が冴えまくってます。

壮大でゆったりとしたオーケストレーションが程よくスモーキーでいいです。少しエスニックな雰囲気もあって面白いです。カマシ・ワシントンを始め、豪華なコラボレーションにも注目です。

驚きの事実と最近気になること

f:id:yomako2662okamoy:20170113080246j:image

 去年買ってiPodに入れていたMockyのKey Changeだと思っていたものが実は国内盤のボーナスディスクだったことが判明。

 

ただいまメインのディスクをプレイしてますが、やはりというかボーナスディスクよりもいい。というか素晴らしいです。

 

これは初春に聴きたいストレンジなポップナンバー。

 

今年はCDケースの中身はしっかり確認しようと思います。

 

驚きの事実といえば最近ニューシネマパラダイスという映画を観た時にわりと序盤の方でトトが映写してたラテン系の映画のBGMがAvalunchesのFrontier Psychiatristの1番最後に使われてる曲だと判明。ここからサンプリングしてるのかな。

 

 

あとSavagesのEvilという曲とFUGAZIのSieve-Fisted Findがめっちゃ似てる〜って思っている今日この頃です。

あと去年のクリスマスにレストランでかかっていたワム!ラストクリスマスのサビの部分がどうしてもももクロのオレンジノートに聴こえてしょうがなかったです。